第1回 岐阜県実業団対抗ゴルフ選手権 大会レポート

去る5月29日に、「第1回岐阜県実業団対抗ゴルフ選手権」が開催され、岐阜県内企業より48チームが参加し、県内最強の座を争う戦いが繰り広げられました。第1回の記念すべき大会は、天候にも恵まれ大いなる盛り上がりを見せました。
当日は、早朝より打球練習場に向かう選手やパター練習で少しでも緊張を解す選手など様々でした。

18ホール・ストロークプレー(スクラッチ)により、競技出場者4名のうち、3名の合計打数により順位が決定されました。
競技委員会の選手呼出から始まり、緊張感に包まれながらも多くの選手がナイスショットでスタートを切りました。また、グリーンは、スティンプメーター10.2フィートで、各選手の挑戦意欲を掻き立てました。
最終組がホールアウトする頃には、ロビーに設けられたスコアボードに熱い視線が注がれておりました。某チーム選手より、「今日は、程よい緊張の中、楽しくプレーできました」「来年も是非参加して、リベンジします」と大変、嬉しいことばをいただきました。
表彰式には多くの選手が参加され、和やかな雰囲気の中、無事終えることができました。
ご協力頂きました、理事・委員の皆様、ありがとうございました。

団体戦:優勝チーム

団体戦入賞企業 合計ストローク
優勝 株式会社コマツ 263
準優勝 ブリヂストンスポーツSJ 株式会社 266
3位 岐阜信用金庫 269

h3_team

団体戦優勝:株式会社コマツ
出場選手:小松 孝善・小松 隼・小松 幹典・小松 浩之

まず始めに、第1回岐阜県実業団対抗ゴルフ選手権で優勝することができ、県下1位になれたことで驚きと感激に浸る日々を過ごしています。 また、たくさんの方からお祝いの言葉をいただく度、優勝できたという達成感が強く湧いてきました。

第1回ということもあり、どれだけの強豪チームが参加するのか、プレッシャーに負けないかなどと、いろいろな不安もあっただけに喜びもひとしおです。

また谷汲C.Cさんのコース管理はとても良く、距離もあり、ショットでは止まるのにパットでは止まらない高速グリーンといった感じの、普段味わうことのできない最高のコースコンディションっだったのではないかと思います。

今回、普段はライバル同士の兄弟4人での参加でしたが、このような大規模のスクラッチ方式の競技に参加するのは初めてで、たくさんのギャラリーが見つめる中でのティーショットは緊張しましたが、「ナイスショット」という声が聞こえたときは、少し緊張もほぐれ気持ちよくスタートすることができました。そして、団体戦ということもあり、チームのことを考えながらプレーするという難しさも改めて知る事ができました。

最後に、個人での優勝ができなかったことは残念ですが、男子ツアーでも開場となった谷汲C.Cさんでプレーできた事を感謝します。このような素晴らしい競技を是非これからも続けて欲しいと思います。

個人戦:優勝者

個人戦入賞者 ストローク
優勝 森岡 智隆(岐阜信用金庫 A) 79
準優勝 吉田 一明(未来工業㈱) 83
3位 安藤 靖(ブリヂストンスポーツSJ㈱) 83