第5回 岐阜県実業団対抗ゴルフ選手権 大会レポート

平成26年5月31日(土)谷汲カントリークラブにて「第5回 岐阜県実業団対抗ゴルフ選手権」が開催されました。「今年こそは!」と意気込む企業や新規参戦の企業、総勢52チームが熱い戦いを繰り広げました。

当日の気温は38度で、乾いたグリーンに攻めあぐむ選手が続出。また今大会より初めての使用となった11番 390ヤードバックティが、コースの難易度を更に上げ、油断のできない展開に各選手我慢のゴルフを強いられました。

大会は激戦の末、難攻不落のグリーンを制した「岐阜車体工業㈱Aチーム」が見事優勝し、県大会3連覇を達成。準優勝には「㈱大林組 岐阜営業所」が、3位には昨年の第4回大会で準優勝の「飛行開発実験団」が、それぞれ入賞となりました。

また個人戦では、岐阜車体工業㈱Aチームの「武内 勝 選手」が76ストロークにて大会3連覇を達成されました。

表彰式では入賞した各チーム・選手のみなさまへ会場から大きな拍手と賛辞が送られ、盛況のうちに今大会も幕を閉じました。ご協力いただきました関係者の方々、また大会参加企業の皆様には深く御礼申し上げます。

入賞した3チームを含む県大会上位15チームには、今年の9月6日(土)に榊原温泉ゴルフ倶楽部(三重県)で開催される「第5回 東海決勝大会」への出場権が与えられます。岐阜県代表チームが未だ成し得ていない決勝大会制覇を成すことができるか。悲願達成に向けて、決勝進出チームはすでに動き出しています。ぜひ熱いプレーをご期待ください。

団体戦:優勝チーム

団体戦入賞企業 合計ストローク
優勝 岐阜車体工業株式会社A 243
準優勝 (株)大林組 岐阜営業所 249
3位 飛行開発実験団 251

h3_team

団体戦優勝:岐阜車体工業株式会社A
出場選手:武内 勝・今井 昭博・石丸 尚史・嶋 邦夫

大会に向けて、チームに対する周囲の期待が重圧にもなりましたが、結果を出すことが出来、今は正直ホッとしています。プレッシャーを跳ね除けて大会3連覇を達成することが出来たことを、非常にうれしく思っています。

パットには苦しみましたが「キャプテン1人だけでは勝てない」と、チームが一丸となり我慢してスコアを作ることに専念したことが団体戦での勝利に結びついたのだと思います。ハーフターンにビールを我慢した甲斐がありました(笑)。これでゆっくり祝杯をあげることが出来ます。

今回は岐阜車体工業㈱Bチーム(第13位)も決勝大会へ進出することができましたので、団結力をもって、この勢いのまま決勝大会へと乗り込んでいきたいと思います。
もちろん、東海決勝大会では“岐阜県代表としての大会初制覇”を成し遂げたいと思います。

個人戦:優勝者

個人戦入賞者 ストローク
優勝 武内 勝 (岐阜車体工業株式会社A) 76
準優勝 清川 要治 (清川株式会社) 78
3位 加藤 大吾(イビデン㈱) 79

h3_individual

個人優勝:武内 勝 選手(岐阜車体工業株式会社A)

スコアもトータル4オーバーの76、9番でのダブルボギーなどもあり、今回は優勝出来るとは思っていませんでした。バンカーに掴まることも多く、我慢の連続で非常に苦しい展開でしたので、今日は喜びも格別です。自社の会長である星野会長の「小粒でもピカッと光る」という言葉を体現出来たと思います。

東海決勝大会では粘りを活かしたゴルフで、チームの一翼となって団体戦での活躍を目指します。その延長線にある個人戦でも、少しでも上位に行けたらと思います。

多くの皆様のご声援、誠に有難うございました。