第8回 岐阜県実業団対抗ゴルフ選手権

競技の条件

1.ゴルフ規則

日本ゴルフ協会ゴルフ規則とこの競技のローカルルールを適用する。

2.競技委員会の裁定

競技委員会は競技の条件を修正する権限を有し、全ての事柄について、この委員会の裁定は最終である。

3.使用クラブの規格

プレイヤーが持ち運ぶドライバーはR&Aによって発行される最新の適合ドライバーヘッドリスト(モデルとロフトで識別される)上に掲載されているクラブヘッドを持つものでなければならない。この条件の違反の罰や処置は『ゴルフ規則付属Ⅰ(C)1a』を適用する。(ゴルフ規則174ページ参照)

4.使用球の規格

プレイヤーの使用球はR&Aルールズリミテッド発行(USGA版)の最新の公認球リストに載っているものでなければならない。この条件の違反の罰や処置は『ゴルフ規則付属Ⅰ(C)1b』を適用する。(ゴルフ規則175ページ参照)

5.ゴルフシューズ

正規のラウンド中、プレイヤーが金属製・セラミック製、または委員会がそれと同等と認めた鋲を有するゴルフシューズを使用することを禁止する。この条件の罰は競技失格とする。

6.スタート時間

ゴルフ規則33-7に規定するような、競技失格の罰を免除する正当な事情がないときは、競技者が自分のスタート時間後5分以内にプレーできる状態でスタート地点に到達したときは、遅刻の罰は最初のホールで2打。尚、5分を超える遅刻に対する罰は競技失格。

7.競技終了時点

本競技は、競技委員長の成績がなされた時点をもって終了したものとみなす。

8.ホールとホールの間の練習禁止(規則7注2)

ホールとホールの間では、プレイヤーは最後にプレーをしたホールのパッティンググリーン上やその近くで練習ストロークをしてはならないし、球を転がすことによって最後にプレーしたホールのパッティング面をテストしてはならない。この条件の違反の罰は『ゴルフ規則付属Ⅰ(C)5b』を適用する。(ゴルフ規則179ページ参照)

9.プレーの中断と再開

(1)プレーの中断(落雷などの危険の伴わない気象状況)については、ゴルフ規則6-8b、c、dに従って処置すること。
(2)険悪な気象状況にあるため、委員会の決定によりプレーが中断となった場合、同じ組のプレーヤー全員がホールとホールの間にいたときは、各プレイヤーは委員会よりプレー再開の指示が出るまでプレーを再開してはならない。1ホールのプレー途中であったときは各プレーヤーはすぐにプレーを中断しなければならず、そのあと、委員会よりプレー再開の指示が出るまでプレーを再開してはならない。プレーヤーがすぐにプレーを中断しなかったときは、ゴルフ規則33-7に決められているような、罰を免除する正当な事情がなければ、そのプレイヤーは競技失格とする。この条件の違反の罰は、競技失格(ゴルフ規則6-8b注)
(3)プレーの中断と再開の合図について
 通常のプレーの中断:短いサイレンを繰り返して通報する。
 または、サイレンを使用せず本部より競技委員を通じてプレーヤーに連絡する。
 険悪な気象状況による即時中断:1回の長いサイレンを鳴らして通報する。
 プレー再開:1回の長いサイレンを鳴らして通報する。

10.キャディ(規則6-4注)

正規のラウンド中、プレイヤーが委員会によって指定された者以外をキャディとして使用することを禁止する。この条件の違反の罰や処置は『ゴルフ規則付属Ⅰ(C)2』を適用する。(ゴルフ規則177ページ参照)

11.競技の成立

本競技の参加者全員が正規ラウンドを終了できなかった場合、委員会は競技成立について別途定めるものとする。

12.ティインググラウンド

年齢、性別のより使用ティインググラウンド、ティマーカーは区分けされ、69歳以下の男性は、「黒マーク」、70歳以上の男性は「白マーク」、女性は「赤マーク」のティマーカーの設置されているティインググラウンドを使用して本競技は行われる。

ローカルルール

  • 1.アウト・オブ・バウンドの境界は白杭をもって標示し、隣接するホール間のOBゾーンを超え、隣接ホールに止まった球もOBとする。
  • 2.修理地は青杭を立て、白線をもってその限界を標示する。
  • 3.ラテラル・ウォーターハザードは赤杭または赤線をもってその限界を標示する。 線と杭が併用されている場合は線がその限界を標示する。
  • 4.4番・6番・9番・17番・18番ホールに於いてラテラル・ウォーターハザードに球が入った場合、 前方のドロップエリアより1打付加の上、ストロークを行うことができる。
  • 5.排水溝は動かせない障害物とする。
  • 6.人口の表面を持つ道路に接した排水溝は、その道路の一部とみなす。
  • 7.コース内の高圧線に球が当たった場合は、罰打なしに再プレーしなければならない。
  • 8.木の支柱は動かせない障害物とする。
  • 9.コース

注意事項

  • 1.競技の条件やローカルルールに追加・変更のあるときは、クラブハウス内に掲示し告示する。
  • 2.グリーンに著しく損傷を与えるシューズは使用禁止とすることがある(スパイクシューズは使用禁止)。
  • 3.プレーの進行に留意し、先行組との間隔を不当にあけないように注意のこと。プレーを不当に遅らせた場合は、ペナルティを課す(ゴルフ規則6-7)
  • 4.服装規定に反する選手は、入館及びプレーをお断りすることがございます。
  • 5.練習は指定練習場にて行い、打ち放し練習場においては備え付けの球を使用し、スタート前の練習は1人1コイン(20球)を限度とする。
  • 6.コース内には携帯電話の持ち込みをしないこと。

追記事項

  • 1.レストランは、5時30分よりオープンします。
  • 2.練習場は、5時30分よりオープンします。
  • 3.昼食はレストランを利用のこと。
  • 4.バックは口径9インチ、重量13キロをい超えないこと。