第4回 岐阜県実業団対抗ゴルフ選手権 大会レポート

6月29日(土)に谷汲カントリークラブにて開催された「第4回 岐阜県実業団対抗ゴルフ選手権」。今回も大会常連の企業に加え、新規参戦企業が6企業加わり、合計50チームによって白熱の戦いが繰り広げられました。

前日までの大雨でグリーンのコンディションが心配されましたが、当日は天候にも恵まれ、岐阜県大会開催以来”初”の快晴となり、多くの選手の方が肩をなでおろしていました。

マイクアナウンスによる選手紹介後、程よい緊張感の中でいよいよプレーがスタート!

昨年11月に行われた「第3回 東海決勝大会」に引き続き、アステラス製薬㈱Bチームの小石正孝選手がNo.17で見事ホールインワンを達成するなど、大会は大いに盛り上がり、ロビーのスコアボードに成績が記入されるごとに、選手・応援の皆様が熱い視線を注いでいました。

プレー後は盛大に表彰式が行われ、団体戦は「岐阜車体工業㈱Aチーム」が昨年に続き大会2連覇を達成!続く2位には初参加の「飛行開発実験団」、3位には「森松工業㈱Aチーム」が入賞となりました。
個人戦では”71″という岐阜県大会初となるアンダースコアで武内 勝選手が優勝、「東海決勝大会」に続き2連覇となりました。

入賞した各チーム・選手のみなさまへ会場から大きな拍手と賛辞が送られる中、今大会も盛況に幕を閉じました。

団体戦:優勝チーム

団体戦入賞企業 合計ストローク
優勝 岐阜車体工業株式会社A 238
準優勝 飛行開発実験団 246
3位 森松工業㈱A 249

h3_team

団体戦優勝:岐阜車体工業株式会社A
出場選手:武内 勝・今井 昭博・石丸 尚史・田中 浩樹

 昨年に続き2連覇出来たということで、嬉しいというよりはホッとしています。  昨年優勝したことによって“連覇”という目標ができ、沢山の方に「2連覇目指して頑張ってきます」と言ってしまっていたので、実現できて嬉しく思います。 プレッシャーもありましたが、キャプテンが引っ張ってくれました。チーム員にありがとうと言いたいです。

グリーンがもの凄く速くて苦戦しましたが、このスコアで何とかおさまったなと思っています。

 東海決勝大会では岐阜の企業が優勝できてないので、次回は岐阜に優勝を持ち帰ってこられるように頑張りたいと思います。有難うございました。

個人戦:優勝者

個人戦入賞者 ストローク
優勝 武内 勝 (岐阜車体工業株式会社A) 71
準優勝 塚原 誠 (飛行開発実験団) 73
3位 北野 明宏(㈱きんでん 中部支社) 75

h3_individual

個人優勝:武内 勝 選手(岐阜車体工業株式会社A)

前半を1バーディ・2ボギーの1オーバーで折り返すことができ、10番ホールでも(非常に距離があるホールなのですが)バーディ取れたのが今日の良かったところです。また途中、後ろの組の方が1アンダーだということを教えて頂いたのも「これは気合いを入れなければ!」と、いい刺激になりました。後半も運よくパターも入り、結果「34」で回ることが出来ました。

 チーム戦での優勝が目標でしたので、東海大会でも少しでもアドバンテージが取れるように個人優勝を目指しながら、あくまでもチーム優勝ができるように頑張りたいです。
 東海大会では優勝を持ち帰りますので是非応援してください。有難うございました。

ホールインワン 達成者

ホールインワン 達成者:小石 正孝 選手
(企業名:アステラス製薬㈱B)

<大会成績>
団体戦:34位 / 個人戦:138位

<ホールインワン達成ホール>
17番ホール(157ヤード)

h3_individual

<ホールインワン達成ホール>
 23歳のときに友人に誘われたのがきっかけで、「楽しく」をモットーにラウンドを始めて34年。ショットの手ごたえが良く、安心して目を離したすきに「おい!入ったぞ!!」と同じ組の方が声をあげたので驚きました。
 カップインの瞬間を見逃してしまいましたが、このような大きな大会で人生初のホールインワンを迎えられて本当に嬉しいです。
 今日は天候にも恵まれ、同伴者の方々にも恵まれ素晴らしい1日となりました。今後も体が動く限り、ゴルフを続けたいです。