第2回 関西実業団対抗ゴルフ選手権 大会レポート

新緑眩しく、風薫る5月。ゴルファーの心躍るシーズンに「第2回関西実業団対抗ゴルフ選手権」が開催されました。

 昨年、初開催の「関西実業団対抗ゴルフ選手権」はその名の通り、関西ナンバーワン企業を決するゴルフ競技として発足。徐々にその名を広めつつあります。今回は5月23日(土)に榊原温泉ゴルフ倶楽部を舞台に、関西の企業24社(28チーム)のエントリーによる開催となりました。

 なお、本大会は愛知・岐阜・三重県それぞれで開催される実業団対抗ゴルフ選手権とリンクしており、各大会の上位は、それぞれが一堂に会す「西日本決勝大会」で頂点を争うという、熱い大会であることから、今後更なる盛り上がりを見せること必至のイベントとなっております。

 大会当日は清々しい陽気で絶好のゴルフ日和となりました。
会場の榊原温泉ゴルフ倶楽部には早朝より続々と選手が到着。朝早く家を出てきたからと、まずは朝食を摂る選手あり、練習場へ直行する選手ありと、様々にスタートまでの時間を過ごされました。また、遠方から参加の選手の中には、前日夜から会場俱楽部に宿泊して当日に備える選手もみえました。会場となる榊原温泉ゴルフ倶楽部は宿泊施設を併設するゴルフ場ですから、そういった使い方も出来る、非常に利便性が高いコースです。

 さて、定刻となり、4ホールからのセミショットガンスタートで大会の火蓋が切って落とされます。企業名・選手名がコールされ、後続選手らの拍手で迎えられる中でのティーオフ。緊張の瞬間です。プレッシャーを楽んでナイスショット放つ選手もあれば、緊張のあまり、いつものスウィングが出来ずにOBを打ってしまう選手もあり、中には暫定球を5球打った選手も・・・。打ち終えた後に「緊張した~」と呟きながらティーグランンドを降りて行く選手の多さが印象的でした。

心地よい風に乗り、コース内に快音が響き渡ります。他企業とのペアリングですが、移動中は和気藹々で笑い声やナイスショットへの掛け声もあちこちで聞かれました。もちろん、アドレスに入れば皆さん真剣そのものです。
 スコアの要となるグリーンについては、当日は「そこそこ速い」スティンプ10.8フィート。グリーン表面はコンパクションがあって固いことから、スピンの効いた球でないと止まらないセッティング。競技ゴルフを楽しんでいただけたのではないでしょうか?

 ラウンド後は互いの選手のアテストを行った後、クラブハウス内の成績ボードで自らのチームの位置を確認しながら、チーム内で反省や報告を交わす姿が見られました。
 全チームのホールアウト後は、パーティを兼ねた表彰式へと進みます。同伴選手との名刺交換に始まり、企業間交流が行われていました。

しばしの歓談の後、いよいよ成績発表です。第2回大会の栄冠を手にしたのは三甲(株)Aチーム!チーム合計240ストロークで2位に9打差をつけての大会2連覇です。三甲(株)チームは実業団対抗ゴルフ選手権の主催企業として毎回参加。昨年の第1回関西大会で初優勝を果たし、その勢いを保っての快挙となりました。準優勝にはきんでん(株)奈良支店チームが249ストロークで入賞。3位には長谷川工業(株)チームが254ストロークで入賞されました。
 冒頭でも触れましたが、今回の上位5チームには平成27年9月12日(土)に谷汲カントリー倶楽部(岐阜)で開催されます「実業団対抗ゴルフ選手権 西日本決勝大会」への切符が手渡されました。

 また、個人戦では野田翔也選手[三甲(株)]が74ストロークで優勝。2打差の76ストロークに本大会の大会委員長を務める後藤甲平選手[三甲(株)]が準優勝となり、3位には79ストロークの長谷川泰正選手[長谷川工業(株)]が入賞されました。
 各順位が発表されて大きな喝采が沸き起こる中、第2回大会の幕を閉じました。

 三甲(株)チームの活躍が光る本大会となりましたが、本年9月の西日本決勝大会では関西代表チームから西日本覇者が出るのでしょうか?また、来年の第3回関西大会では勢いに乗る三甲(株)チームを脅かす企業が表れるのでしょうか?
 盛り上がる実業団対抗ゴルフ選手権には興味が尽きず、今後もこの大会から目が離せません。

団体戦:優勝チーム

団体戦入賞企業 合計ストローク
優勝 三甲㈱ A 240
準優勝 ㈱きんでん 奈良支店 249
3位 長谷川工業㈱ 254

h3_team

団体戦優勝:三甲㈱ A
出場選手:後藤 甲平選手、後藤 利彦選手、加藤 文夫選手、野田 翔也選手

 前回大会に続き、今大会も我が三甲㈱チームが優勝する事ができ非常に光栄に思います。  第1回大会に続き、各企業様の強者が集うこの大会での連覇は厳しいものであり、スタート前から重圧を感じておりましたが、プレー中は欲をかかず、邪念を振り払って各自が目の前の1打に集中しプレーをしました。  今大会では我が社の後藤甲平会長をチームリーダーとし、新たに後藤利彦社長も加わった事で、チームとしての結束力が高まった事が勝因だと考えます。 来年の関西実業団対抗ゴルフ選手権では3連覇を達成できるよう頑張ります。ありがとうございました。

個人戦:優勝者

個人戦入賞者 ストローク
優勝 野田 翔也(三甲㈱ A) 74
準優勝 後藤 甲平(三甲㈱ A) 76
3位 長谷川 泰正(長谷川工業㈱) 79

h3_individual

個人優勝:野田 翔也 選手(三甲㈱ A)

 今大会でも個人優勝して連覇する事ができ、また団体連覇にも貢献できた事を大変嬉しく思います。今回は初めて自社の後藤甲平会長とのラウンドで緊張もありましたが、ラウンド中に会長からよく声を掛けていただき、ほどよい緊張感の中でプレーをさせていただきました。また、コース・マネジメント他、様々な点を会長より学ばせていただき、今後の自分の糧にもなる一日でした。  本大会はコースコンディションが非常によく、運営に携わる各スタッフの皆様には、このような素晴らしい大会を毎回開催していただいている事に感謝しております。ありがとうございました。