第1回 三重県実業団対抗ゴルフ選手権 レポート

平成23年4月23日(土)に三重県津市榊原町の榊原温泉ゴルフ倶楽部にて「第1回三重県実業団対抗ゴルフ選手権」を開催致しました。県内の企業41社から200名の腕自慢が集まり、県内最強企業の座をかけた熱戦が繰り広げられました。

小雨の降るあいにくの雨模様となりましたが、早朝からドライビングレンジとパッティンググリーンにはレインウェアを着込んだプレーヤーが次々に訪れ、ウォーミングアップに余念がありません。

運営サイドは“選手権”の名に恥じぬコースコンディションで選手を迎え入れるべく、グリーンを11フィートの速さに仕上げる予定でしたが、当日は雨の影響で10.2フィートに落ち着きました。それでもアンジュレーションのきついグリーンとあいまって難易度の高いコースセッティングとなりました。

スタートは4ホールからのショットガン・スタート。定刻、各スタートでは1人ずつ企業名と名前がコールされてのティ・オフです。プライベートのゴルフとは違う「競技ゴルフ」の空気が色濃く漂い、スタート前の各選手の緊張は運営サイドまで伝わってきます。真剣な面持ちでの第一打に「ナイスショット!」の掛け声が飛ぶと、緊張がほぐれて笑顔でスタートして行く選手の姿が印象的でした。

小雨が降ったり止んだり、時折強く降ったりという天候で、ゴルフをするのに最高のコンディションとは言えないものの、各選手は日頃の練習の成果をいかんなく発揮され、思い思いの戦略を立ててスコアメイクをされました。特に今回は女性の活躍が目立ち、参加4名の女性の内2名が70台、1名が80台で、チームスコアに大いに貢献されました。

プレー後は盛大に表彰式が行われ、上位15チームには翌5月に開催される「東海決勝大会」(於:愛知県 京和カントリー倶楽部)の出場権が与えられました。
お互いの健闘をたたえあい、来年の再戦を誓う選手達の声があちこちで聞かれる中、無事に閉会となりました。

ダイジェストムービー

団体戦:優勝チーム

団体戦入賞企業 合計ストローク
優勝 株式会社NTT西日本 東海Aチーム 232
準優勝 株式会社ADEKA 243
3位 山田赤十字病院 243

h3_team

団体戦優勝:株式会社NTT西日本 東海Aチーム
出場選手:直江一正選手・浦口 保夫選手・内田 建彦選手・別所 圭右選手

まず始めに、第1回三重県実業団対抗ゴルフ選手権を開催していただいたことに感謝申し上げます。
また、休日にも関わらずコースを開放して頂いたメンバ-の皆様に厚く感謝申し上げるとともに、この競技に際して榊原温泉ゴルフ倶楽部の関係者の皆様方、関係スタッフ、コースをメンテして頂いたキーパーの方々、及び京和・谷汲カントリークラブから朝早く応援に駆け付けていただいたキャディーさん、本当にありがとうございました。

弊社のチーム編成については、ゴルフ競技に実績の有るメンバーに声を掛け結成致しました。優勝を第一目標に1月から練習ラウンドを始め、チームのメンバーでコース攻略やグリーンのアンジュレーション等を入念にチェックし大会に臨みました。その結果、練習の成果を発揮することができ優勝することが出来ました。

我がチームは、『絶対、無理はしない事』、『絶対、あきらめない事』を肝に銘じて一致団結して取り組み、またプレー中は良い時も悪い時もありますが、悪い時こそ声を出して応援し合い自分自身に絶対負けない気持ちを持ち続けることを心掛けました。
これからもチームとしての団結力を更に高めるとともに、個々のメンバーについてもそれぞれ精進し更に強いチームにしていきたいと考えています。

今後ともよろしくお願いいたします。

個人戦:優勝者

個人戦入賞者 ストローク
優勝 前田 正昭 選手(㈱ジェイテクト A) 74
準優勝 野村 尚記 選手(コカ・コーラ セントラルジャパン㈱) 74
3位 直江 一正 選手(㈱NTT西日本 東海A) 74

h3_individual

個人優勝:前田 正昭 選手(㈱ジェイテクト A)

株式会社ジェイテクト A 前田正昭 選手 ゴルフ歴22年
ハンディキャップ0 (鈴鹿カンツリークラブ) 2009年・2010年倶楽部チャンピオン獲得

本大会はポスターにて知り、事前の練習ラウンドを10ラウンド位しました。昨年の榊原温泉ゴルフ倶楽部シニアオープンにも選手として参加させていただいたこともあり、コースは良く分かっていました。

当日はクラチャンの名に恥じないゴルフをしようと心掛けましたが、1ラウンドで3パットが3回あり、その内1回はパターに砂が付いたまま打ってしまって3パット。という手痛いミスをしてしまい、もったいないゴルフに反省しきりです。

ゴルフのモットーは「ネバー・ギブアップ」。練習は週に2~3回は必ずします。ホームコースは鈴鹿カンツリーで、そこには河辺 秀男さんという全国的に有名な選手がみえて、河辺さんから小生は「我流の天才」とか「ショットメーカー」と言われています。

今回の優勝を機に更に自分に磨きをかけるべく精進致します。